小鳥社の本」カテゴリーアーカイブ

銀座ランチ探訪記[電子書籍]

銀座ランチ探訪記_cover_208x300

著者: のむのむ(ブログ『東京のむのむ』管理人)
定価: ¥756(税込)
形態: 電子書籍(EPUBファイル、MOBIファイル)
頁数: 約600ページ(端末や設定により異なります)、縦組み
発売: 2013年11月5日
ISBN: 978-4-907110-01-7
Cコード: 0895

[目次を見る]ボタン
ボタン[試し読みをする]

本の内容

本書は、銀座エリアの日々のランチ記事を中心に、現在も更新中のブログ『東京のむのむ』を書籍化したものです。

2006年5月29日~2013年6月28日までに更新された「銀座エリア」の「ランチ」をテーマにした記事1621本の中から257本を抜粋し、「銀座エリアに勤める、とあるサラリーマンの、とある1年間の、ランチ日記風エッセイ」として1冊の本にまとめました。

巻末には、本書登場店舗のうち、2013年10月末現在にランチ営業中と確認できた162店の店名、住所、電話番号、Webサイトなどを、地区別・住所別に一覧で掲載しています。

各端末用の購入ページ:

ばーさんがじーさんに作る食卓(3)

ばーさんがじーさんに作る食卓(3)2007のカバー画像

岡西克明&松子(著)
¥ 756

発売日:2013/11/1
フォーマット:EPUB版、Kindle版
サイズ:36.7MB
ページ数:約600ページ

対応端末:

  • EPUB版(iPad、iPad mini、iPhone、iPod touch、Androidスマホ・タブレット、Macパソコン、Windowsパソコン)
  • Kindle版(Kindleアプリ、Kindle端末)

各端末用の購入ページ:

smallbutton_epub

※EPUB版は、複数のアプリや端末で読めます。弊社の永年サポートが適用されます。

smallbutton_amazon

※Amazon Kindleストアでご購入いただいた商品は、弊社の永年サポート対象外となります。あらかじめご了承ください。

内容紹介

ブログ開始から3年目の『ばーさんがじーさんに作る食卓』。
世間は、71歳(当時)という年齢に驚くけれど、
当の本人たちはピンとこず、
毎日元気に美味しいものを作って食べている様子が描かれています。

お向かいさんから届くとれたて野菜、
土曜日のお魚やさん、いつものお肉やさん、
食いしん坊のお友だちからプレゼントされる珍しい食べ物……。

さまざまな季節の恵みを、
たくさんの愛読料理本を頼りにcinco流に仕立て直しては、
鮮やかなひと皿に。
ときにそこから外れて、
自由闊達に茶目っ気のあるひと皿に。

京都の山奥の、四季折々の景色の移ろいや、
新しく家族に加わった、
チビちゃん(猫)、ゴロちゃん(犬)の近況報告など。
ばーさん、じーさんの日常が、軽やかに、抒情的に語られています。

本書では、2007年1月1日~12月30日までに書かれた
記事273本、写真約300点を、
電子書籍用に編集しました。

スマホやタブレット、専用端末で読みやすく、
かつ料理名や素材名で検索しやすくなっています。

表紙イラストと毎月の扉絵12枚は、sesentaさんの書き下ろし。
何のトピックが描かれているのか、
楽しみにページをめくっていただけますと幸いです。

うつわや店主が教える うつわの買い方選び方(4)[電子書籍]

電子小冊子『うつわや店主が教える うつわの買い方選び方(4)』

柳田栄萬(著)
定価:0円
判型:電子小冊子(epub、mobi)
頁数:約20ページ
発刊:2013年5月28日

本の内容

この本は、これから作家もののうつわを買ってみようかなと思っている人のための電子小冊子(無料)です。

軽妙な語り口でファンの多いブログ(千鳥Blog)を持つ店主ですが、シリーズ4冊目となる本書では、陶器と磁器の違いについて、やさしく解説しています。

陶器と磁器の違いは、非常に基礎的な内容ですが、しかしそれだけに、「今さら人に聞けない」と思っている方も多いのではないでしょうか。陶器と磁器では扱い方も多少異なりますので、この機会にぜひ覚えてください。
機能性という点だけで見れば、磁器のほうがはるかに優れていますが、陶器には、磁器にはないどっしりとした存在感があり、温かみや力強さなども感じることができます。
これらの点を踏まえた上で、生活スタイルや季節、料理に合わせて、陶器と磁器をうまく使い分けてみてはいかがでしょうか。

美しいうつわの写真も収録。作家もののうつわを買う前に知っておきたい予備知識を得るための小冊子(無料)です。

対応端末:

iPad、iPad mini、iPhone(iPod touch)、Sony Reader、kobo Touch、Android、Windowsパソコン、Macパソコン、Kindle

 

うつわや店主が教える うつわの買い方選び方(3)[電子書籍]

柳田栄萬(著)
定価:0円
判型:電子小冊子(epub、mobi)
頁数:約20ページ
発刊:2013年4月30日

本の内容

この本は、これから作家もののうつわを買ってみようかなと思っている人のための電子小冊子(無料)です。

軽妙な語り口でファンの多いブログ(千鳥Blog)を持つ店主ですが、シリーズ3冊目となる本書では、うつわの形について、やさしく解説しています。

日本には、昔からさまざまなうつわの形があります。せっかくうつわを揃えるのでしたら、基本の丸い形だけでなく、これらのちょっと変わった形のうつわをアクセントとして加えてみてはどうでしょう。何でもない惣菜がごちそうに見えることもありますし、何より食卓にリズムが生まれますよ。
今回ご紹介するのはどれも決して珍しい形ではなく、和食器としてはごく一般的なものです。名前を覚えておくと、きっと役に立つと思います。

美しいうつわの写真も収録。作家もののうつわを買う前に知っておきたい予備知識を得るための小冊子(無料)です。

対応端末:

iPad、iPad mini、iPhone(iPod touch)、Sony Reader、kobo Touch、Android、Windowsパソコン、Macパソコン、Kindle

 

うつわや店主が教える うつわの買い方選び方(2)[電子書籍]

柳田栄萬(著)
定価:0円
判型:電子小冊子(epub、mobi)
頁数:約20ページ
発刊:2013年3月25日

本の内容

この本は、はじめて作家もののうつわを買う人のための電子小冊子(無料)です。

軽妙な語り口でファンの多いブログ(千鳥Blog)を持つ店主ですが、シリーズ2冊目となる本書では、うつわ(特にお皿)のサイズについて、やさしく解説しています。

食器を洗うことを「皿洗い」と呼ぶことからもわかるように、うつわの中心的アイテムは「皿」です。和食器、洋食器を問わず、日常の中で最も使う頻度の高いうつわですね。それだけに種類も非常に豊富ですが、普段使いのお皿として出番が多いのは、三寸から八寸までの6種類。とりあえずはこれだけ揃えておけば安心です。それぞれの用途と選び方について、本書で丁寧に説明していきます。

美しいうつわの写真も収録。作家もののうつわを買う前に知っておきたい予備知識を得るための小冊子(無料)です。

対応端末:

iPad、iPad mini、iPhone(iPod touch)、Sony Reader、kobo Touch、Android、Windowsパソコン、Macパソコン、Kindle

 

ばーさんがじーさんに作る食卓(2)

岡西克明&松子(著)
¥ 756

発売日:2013/3/1
フォーマット:EPUB版、Kindle版
サイズ:23.5MB
ページ数:約600ページ

本の内容

京都の山奥で暮らす、
ばーさんとじーさんの食卓日記。

一緒に暮らす歴44年、
69歳のふたり(2006年当時)。

健康上の理由で
「減量・減塩・ローカロリー」を
言い渡されたじーさんのために、
ばーさんはあれこれと工夫を凝らして、
一生懸命おいしい料理を作る。

そんなふたりの
おだやかな日々をつづった
心温まる人気ブログ
「ばーさんがじーさんに作る食卓」が
電子書籍になりました。

対応端末:

  • EPUB版(iPad、iPad mini、iPhone、iPod touch、Androidスマホ・タブレット、Macパソコン、Windowsパソコン)
  • Kindle版(Kindleアプリ、Kindle端末)

各端末用の購入ページ:

smallbutton_epub

※EPUB版は、複数のアプリや端末で読めます。弊社の永年サポートが適用されます。

smallbutton_amazon

※Amazon Kindleストアでご購入いただいた商品は、弊社の永年サポート対象外となります。あらかじめご了承ください。

もくじ

1月
・うちのお雑煮
・お砂糖なし・リンゴのきんとん
・出し昆布のリメイク
・タイの丸揚げスパイシーソース(cinco全席パート1)
・北京(?)ターキー(cinco全席パート2)
・洋梨のおかゆ(cinco全席インターミッション)
・北の大地のスープです
・ナマコの五目煮込み(cinco全席ファイナル)
・豚肉と三度豆の炒めもの
・ジョージさんのペッパーステーキ
・緑豆と白キクラゲの「お夜食」
・タクアンが漬かりました
・棒ダラと聖護院かぶらのホワイトシチュー
・手前味噌づくり
・メイクイーンのトルティーノ・ひげのフリット
・金針菜とキクラゲの炒めもの・魚のスープご飯
・あの日のおかゆ
・白イカと干し大根の煮もの
・ジャガイモと下仁田ネギソースのグラタン・シタビラメのグリル
・夜明けのポテトスープ
・お料理バトンです
・カリフラワーのサブジ・ピンクレンティルのスープ
・みそっかす汁
・白菜ざんまい
・3月までお休みさせていただきます。

2月

3月
・春いろの蒸しもの中華ごはん(1)
・春いろの蒸しもの中華ごはん(2)
・パラータ
・干ダラの酒びたしとフライドポテト
・干ダラのブランダード
・タラとカリフラワーのグラタン・イカのスパイス煮込み
・干ダラのジャガイモコロッケ
・ソーダブレッド
・晩白柚のピール
・サバのサワーカレー鍋
・ブランダードのグラタンとパスタ
・春を待つお弁当
・カレイの中華風蒸しもの
・イトヨリのオーブン焼きと白いんげん豆のスープ
・アンコウのブイヤベース
・ウオゼのタイ風さつま揚げ
・カキのピリ辛炒め
・てれすこ
・ショートブレッド
・香菜(シャンツァイ)のサラダ
・梅見のコーヒー
・ベーコン作り
・キャベツとベーコンの蒸し煮
・とり手羽肉の蒸しもの
・カキとホウレンソウのクリームスープ
・ジャガイモとベーコンのパスタ
・ジャガイモパスタのグラタン
・落っこちたまごの豆腐茶わん蒸し

4月
・切れっぱし全員集合!
・お気に召さないでしょうが
・とり手羽肉と干し大根の蒸しスープ
・オイルサーディンのべーグルサンド
・うちのオイルサーディン
・カキとタケノコとホウレンソウのカレー
・タケノコと根菜のカポナータ
・お花見ランチ
・沖ギスの魚丸スープとタケノコのうま煮
・ぜいたく煮
・花巻と肉味噌・五目精進炒め
・タケノコのサラダのワンプレート
・タケノコのモーニングセット
・タケノコ入り蒸しチャーハン
・タケノコのジェノベーゼ和えとイカのマリネ
・姫皮入り香菜の水ギョウザとキノコ炒め
・うちのアスパラ
・赤身うす切り肉のハンガリー風煮込み
・週末のモーニング・ジュース
・タケノコのモーニング・part 2
・ホタテとカリフラワーのスープ
・お助けメニュー
・北国の春が届きました
・お豆腐ハンバーグ
・行者ニンニクで肉味噌を作る
・タイふう鯛潮汁

5月
・サツキマスのポシェ
・山吹とあぶりもち(?)
・ジャガイモのお焼き
・すね肉の赤ワイン煮
・とり手羽肉のごちそう
・グリーン・グリーン……
・ゆで塩豚の手まき風
・インド風・ジャガイモとキャベツのカレーとキュウリのサラダ
・スパイスご飯のリメイク
・茹で塩豚の味噌バター味スープ
・パニール(カッテージチーズ)づくり
・パニールのカレー
・ジャガイモとネギのスープとパニールのサラダ
・ナンプラー味のボンゴレ
・ゆで塩豚と白菜のスープ
・アサリのスープかけご飯
・アンチョビの中華蒸しご飯
・たまごはんランチ
・コカふたたび(1)
・コカふたたび(2)
・根菜の混載味噌スープ
・古漬けのしまつ
・古漬け入り蒸し焼き饅頭
・賑やっこ
・そら豆のパスタ・ハタハタのチリソース

6月
・サバの梅酢煮とそぼろ
・実山椒つみ
・餡餅(シァンピン)・エンドウ豆と古漬けの蒸しもの
・アスパラガスと半熟卵のソース
・割り干し大根と身欠きニシンの煮もの
・目覚まし
・淡竹とエンドウ豆
・淡竹のタイ風炒めもの
・ベトナム風サラダごはん
・玉子焼きのワンプレート
・クレソンとチリメンジャコのサラダ
・北の山の幸
・うちの北海道フェア
・根曲がり竹とモロッコインゲンのパスタ
・モロッコインゲンのカレー
・アジの干物の混ぜご飯
・モヤシの春巻きとチヂミ
・梅雨のおかゆ
・セージのフリット
・オバケキュウリのチキンスープ
・お野菜のとりスープ煮
・新着のお野菜です
・キャベツと豚肉の蒸し煮

7月
・エビのカレー
・豆いっぱいのクスクス
・エスニックうーめん
・ニラモヤシそば
・まるパン
・まるパン・モーニング
・アスピックゼリー
・アスピックゼリー2
・アジのタイ(風)焼き
・パッタイ(タイ焼きそば)
・身欠きニシンとナスの煮もの
・梅肉の炒めご飯
・エビとゴーヤのタイカレー
・トマトのお目ざ
・イカと高菜炒め
・ショートブレッド工場
・鯛まる揚げの甘酢ソース
・まるパン晩ごはん
・ハモのゼリー寄せとナスのラグー
・夏負け予防(?)食
・豚角煮と青菜炒めご飯

8月
・メロンのデザートスープ
・シタビラメのフライパンロースト
・角煮トマトライス
・うちの丑の日
・まるパンとハンバーグ
・イワシのクネルのスープ
・レンコンのカレー
・ピーマンとミニ厚揚げのカレー
・チーズ入り玉子焼き
・みどりの菜っぱご飯
・きごしょう
・トマトスープとカレイのポワレ
・スズキのポワレ クリームソース
・飲茶の時間
・うす切りロース肉のステーキ
・スズキのソテー・白いんげん豆のソース
・そうめんとお惣菜
・チキンスープの洋風おでん
・鮎のムニエル
・青いパパイヤのサラダ
・ゴーヤのライタ

9月
・9月になれば
・めあ
・打豆のカレー
・ゴーヤやきめし
・すね肉の蒸し煮
・幻のくずもち
・鹿ヶ谷かぼちゃ
・ナスのオイル漬け(再)
・打豆入り肉味噌の田楽ふう
・ワタリガニのカレースープ
・ワタリガニの味噌汁
・ズッキーニのパスタ
・麦焦がし
・肉じゃがで新米のご飯
・ジェノベーゼソース
・サンマのから揚げ・チリソース
・ゴーヤ茶
・ダイコン間引き菜のギョウザ
・押し麦とブロッコリの炒めもの
・ことしの味噌びらき

10月
・虎豆のミネストローネ
・ジャガイモのガレット
・辣子鶏(とり肉の赤唐辛子炒め)
・牛うす切り肉とキャベツの蒸し煮
・栗ご飯とシイタケ・間引き菜
・中華のお焦げご飯
・沖ギスのリヨン風
・カニの炊きおこわと魚のすり身の蒸しもの
・ジェノベーゼ味噌田楽
・キノコたくさんのタイカレー
・エスニックな鯛めし
・山栗のスープ
・ばーさんの栗ひろい
・栗のデザートスープ
・ジャガイモのお焼きと秋のサラダ
・とりとピーマンの蒸し煮
・サフランポテトと生シイタケ
・小芋の煮っころがし
・栗くり中華ごはん
・山採りヒラタケのパスタと牛テールのコンソメスープ
・ラタトゥーユ
・ばーさんのバナナケーキ工場
・レトロなビーフカツレツ
・根菜のゴマ和えとサワラのから揚げ
・ばーさんのハロウィーン

11月
・ムカゴご飯
・ちょっとお腹のすいた夜長に
・手作りパーティー(1)
・手作りパーティー(2)
・手作りパーティー(3)
・ちょっとひと休み
・みどりの炒めもの
・フカヒレのうま煮
・リメイクのミートローフ
・レタスの炒めご飯とレンコンのスープ
・ソフト回鍋肉とキノコの酸辣湯
・中華ゴマパンと白菜のくたくたスープ
・サフラン摘み
・なんじゃ?パエジャ
・八宝飯
・マナガツオの酒粕煮
・すりおろしリンゴ
・タオチオ焼きうどん
・大根葉の炒めもの
・ごっちゃまぜフレンチトースト
・キャベツのサブジ
・カボチャのスープ
・今年もタクアン漬けました
・揚げマナガツオのあんかけ
・伏見とうがらしのスパイシー炒め
・伏見とうがらしのペペロナータ
・13年ぶりのミートパイ
・秋の山のいろのサラダ

12月
・青菜の腐乳(フールー)炒め
・ひげそば
・菊菜のチヂミとサラダ
・クチナシの実
・干し白菜と干しエビのスープ
・スモークトサーモンのサラダ
・サバぶしのジャガイモグラタン
・サーモンとクスクス
・スモークトサーモンのオムレツ
・あたらしい煙突
・柚子とうがらし
・焼きホタテにヒラタケのソース
・納豆汁
・ねぎピンと白菜・塩豚のスープ
・ヒゲナガエビのサテ
・サバの赤唐辛子煮
・牛すね肉と干し白菜・丸大根のぽとふ
ほか

うつわや店主が教える うつわの買い方選び方(1)[電子書籍]

柳田栄萬(著)
定価:0円
判型:電子小冊子(epub)
頁数:約20ページ(iPad換算)
発刊:2013年2月25日

本の内容

この本は、はじめて作家もののうつわを買う人のための電子小冊子(無料)です。

うつわやさんに行ってみたい。
行って、素敵なうつわを買ってみたい。
だけどなんだか尻込みしちゃう。

そんな人にぜひ読んで、知っていただきたい豆知識や心構えを、人気ショップの店主が紹介します。

軽妙な語り口でファンの多いブログ(千鳥Blog)を持つ店主ですが、今回はいつになくマジメに語っております。

作家もののうつわ購入初心者が疑問に思うこと、不安に思うこと、でもなかなか面と向かっては聞きにくいことを、東京のうつわや店主・柳田栄萬さんにお聞きして、答えていただきました。

Q. はじめてうつわ屋さんに行くときに、気をつけることはありますか?
Q. お店に入るときには、先に店主の方に挨拶した方がいいですか?
Q. 何も買わずに帰っても大丈夫ですか?
Q. 店内でしてはいけないこと、しない方がいいこと、うつわを見るときの扱い方やマナーはありますか?
Q. どういうきっかけで来る人が多いですか?
Q. はじめて買うなら何から買うといいですか?

美しいうつわの写真も収録。作家もののうつわを買う前に知っておきたい予備知識を得るための小冊子(無料)です。

対応端末:

iPad、iPad mini、iPhone(iPod touch)、Sony Reader、kobo Touch、Android、Windowsパソコン、Macパソコン、Kindle

 

ばーさんがじーさんに作る食卓(1)2005

岡西克明&松子(著)
¥ 0

発売日:2012/11/1
フォーマット:EPUB版、Kindle版
サイズ:8,179KB

本の内容

「減塩・ローカロリー・外食ナシだけど、まずいものはイヤ!」
そんなわがままじーさんに、手を変え、品を変え、あれこれと工夫を凝らして、毎日せっせとおいしいものを作るばーさんの食卓日記「ばーさんがじーさんに作る食卓」
ブログを始めた2005年5月7日から12月末までに書かれた記事194本、写真約200点を再編集。
2006年に刊行された紙の書籍『いつも、ふたりで』(講談社刊)には、紙幅の都合で収録できなかった記事も完全収録しました。

ダウンロード(EPUB版)

  • iBooks
  • Google Play Books
  • Kinoppy
  • 楽天Kobo
  • honto
  • Reader
  • BOOK☆WALKER
  • EPUB Reader

などのアプリをお使いの場合は、EPUB版をダウンロードしてください。

ダウンロード(Kindle版)

  • Kindleアプリ(Mac)
  • Kindleアプリ(Windows)
  • Kindleアプリ(iOS)
  • Kindleアプリ(Android)
  • Kindle Paperwhite
  • Kindle Fire
  • Kindle Voyage

などのアプリや機器をお使いの場合は、Kindle版をダウンロードしてください。

ダウンロードしたKindle版ファイルをアプリや専用端末に転送する方法