初天神の日に木鷽を買いに行く(その5) 新井天神

前回の記事からの続きです。

2013年の初天神の日に最後に回ったのは、新井天神でした。

木鷽は基本的に数量限定品です。だから、1日で回れるのは3か所が限界かな……と思っており、当初は回る予定はありませんでした。

が、五條天神社で社務所が開くまで待っている最中に、他の人たちが話している(木鷽に関する情報交換)のを何とはなしに聞いていると、「新井天神は夕方行っても余裕だよ」と言っているではないですか。

それを真に受けて、亀戸から中野まで移動してみたのでした。

新井天神の最寄駅は、JR(中央線)中野駅か、西武新宿線の新井薬師前駅かのいずれかですが、若干ではありますが、近いのは後者からでしょうか。

すぐ近くに、新井薬師(梅照院)がありますが、これはまた違うお寺です。
わたしも最初はまんまと間違ってしまったのですが、ここはここで古くから眼病平癒などで有名なお寺なので、ついでにお参りしていくのもいいと思います。

ちなみに、新井天神は通称で、本当は北野神社と言います。


(中野通りに面しており、向かいには「はらドーナッツ」がありました
※ 現在は「LiCS Lag Time Shop」というリサイクルショップになっています


(看板があってホッとする)


(かなりこじんまりとした神社です)

行ったのが、夕方近くだったこともあり、境内には掃除をしている人以外、誰もいません。
とりあえず、社務所を除くと、木鷽が売られていました。

木鷽は、大(1200円)、中(1000円)、小(800円)の3種類のほか、懐中鷽(600円)があるようです。
※2019年1月現在、大1,600円、中1,300円、小1,000円、懐中鷽800円、となっています

傍らにある説明文には、鷽替え神事の縁起がありました。

天神さまの御神事注、ハチが大量に発生し祭祀を邪魔しました。
この時、鷽鳥(うそどり)がこのハチをやっつけ、無事に御神事を行うことができました。
以来、鷽(うそ)は天神さまの「おつかえ」として、又、悪いことを「うそ」にする縁起のよい鳥として信仰されています。

他に、

「毎年替えることにより、昨年の悪いことをすべてウソにします」
「昨年のうそをお持ちになり、今年のうそをお受けになった方はクジが引けます」

なんて、張り紙も。ほほう、来年鳥替えるとクジが引けるのね。

とりあえず、「すいませーん」と声をかけたら、わたしの後ろで落ち葉掃きをしていたおじさんが、そそくさと社務所に入って、着替えてから売り場に出てきてくれました。すいません、わざわざ……。

ということで、小サイズを2個買って帰宅。

家に帰って、改めてじっくりと新井天神の木鷽を見てみると、あまりにも、他の神社のと違うのに驚きました。


(個性ありすぎ)

2個買ったのは、1個は手元に置いておいて、もう1個は来年の鷽替え用に……と思ってのことだったんですが、まさかここまで1個ずつ表情というか、佇まいが違うとは思いませんでした。

早速、向かって右側のは「ムック」と名付けました。これはムックでしょう。鷽じゃないよ、これは。

基本的な形状は、亀戸天神の木鷽と似ています。
頭部は黒、腹は赤、背から尾羽にかけて緑~黒のコンビ。正面嘴の下には、薄く横一筋に彫り込みがあるのも同じです。

それなのに、だいぶ、見た感じの印象が違います。おもしろーい。


(横から)


(反対側から)


(後ろから)


(俯瞰で)

長さ4.5センチ、幅2センチの木製の円柱をベースに、すべて手彫りで仕上げているようです。
目を見ると、彩色もすべて筆で人力で行っているのでしょうか。
ちなみに、亀戸天神の木鷽の目はどれもほぼ均一の大きさだったので、おそらくスタンプ仕上げだろうと思います。

向かって左側の木鷽は、嘴に相当する部分に白い絵の具が塗られていますが、右側の木鷽にはない。ってことは、この白いポチは誤ってついちゃったってことかしらん。それはそれで味わい深い。

パッと見は雑だなって感じもあるのですが、台座も含めて表面全てをきちんと削ってから細工しており、決して手を抜いている感じではないんですよねぇ。

社務所の張り紙に「米澤一刀彫」とありましたが、それとこの木鷽がどんな関係にあるかは、ちょっとわかりませんでした。
来年、機会があればぜひ伺ってみたいものです。

 

もはや、鷽とは違う生物にしか見えないのですが、こういう雰囲気は嫌いじゃないです。っていうか、むしろ好き。

ここまで1体1体違うと、もう鷽替えしないで、来年また違う鷽を買いたくなってきます。今度はどんな顔してるんかな、と。


(亀戸天神の木鷽と並べてみました)


(全然違うのが味わい深い)

 

新井天神(北野神社)
165-0026 東京都中野区新井4-14-3
03-3388-0135
※ 鷽替え神事は1月25日のみ 元旦から1月25日まで頒布

府中から、上野→湯島→亀戸→中野と回ってみましたが、時間にすると半日ほどだったと思います。
とにかく、回れるだけ回ってみるのが目的だったので急ぎ足でしたが、どこも散歩するのに最適な場所ばかりなので、1か所に絞ってぶらぶら歩きしながら買いに行くのも楽しそうです。

五條天神社は朝一番(8時半ごろ)に行くことをお勧めしますが、湯島天神亀戸天神に関しては、9時~11時の間に行ければ十分だと思います。

来年の初天神(1月25日)の日には、木鷽を買って下町散歩ってのは、いかがでしょうか。

ということで、5回にわたってお付き合いいただき、ありがとうございました。
よし、次は、11月3日に谷保天満宮の鷽替えに行ってみるぞー、と思ったわたしなのでした。

(過去記事)
初天神の日に木鷽を買いに行く(全5回)
プロローグ
五條天神社
湯島天神
亀戸天神
新井天神(この記事)

Share on Facebook

  1. よしママ on

    鷽替え神事について
    ネットで検索してました。
    たくさんたくさん参考に
    なりました。
    本当にありがとうございます。

    • コトリ1号 on

      昨年の話なので、至らない部分もあると思うのですが、
      参考になると幸いです。
      今年は、天気も良くて暖かそうでよかったですよね。
      (去年は、結構寒かったので・・・)

  2. 炎嵐 on

    今日、亀戸天神に行ったものです。11時15分に到着したのですが、ものすごい行列で2時間半後に買えました。まあ、真夏じゃないのでそれほどつらくはなかったですが、こんなに並んだの初めてです(笑)。
    鷽は、いろいろあっていいですね。他の神社にも行きたいですが、明日は別用(バードウォッチング)があるんで、また来年にでも行こうかと思います。手元にあるのは小さな亀戸天神の鷽だけですが、並んだ分だけご利益がありそうです。結構かわいいです。

    • コトリ1号 on

      炎嵐さま、こんにちは、はじめまして。

      私も24日に亀戸天神に行ったのですが、
      8時に並び始めたのが幸いで1時間ほどで購入することができました
      (発売開始が8時半なので1時間半並んだことになるのですが…)
      購入後に船橋屋でくず餅を食べてさてかえろうとしたら、
      例年にないほどの行列で本当に驚きましたが、2時間半でしたか…。
      土日に重なったのであんな行列だったのでしょうか。
      24日は昼前から急に寒くなってきたのでお疲れになったと思います。

      関西、九州と比べると、関東は鷽替えをする神社が少ないのですが
      それでも、東京近郊を含めると5カ所ほどはやってくれてますし、亀戸天神のように
      大きさのバリエーションがあったりするので、なかなか楽しいですよね。
      本当は去年のと取り替えなければならないのですが、
      可愛いのでそんなことできず、年々増えていくのが、少し悩ましいところです(笑)。

  3. しょう on

    湯島天神と亀戸天神社以外にも、鷽替え神事が行われているとは驚きでした。素晴らしい記事をありがとうございます。

  4. 匿名 on

    木鷽の金額が2019年はぐっと上がっていました。
    大(1200円→1600円)、中(1000円→1300円)、小(800円→1000円)、懐中鷽(600円→800円)

    ご参考までに。

    • コトリ1号 on

      匿名さま
      はじめまして、コメントありがとうございました。
      早速、昨日(1月3日)行って参りまして、買い物がてらに確認してきました。
      値上がりしましたねぇ。びっくりしましたが、作る方が少なくなったとか、いろいろご事情などもあるのでしょうか…。
      ともあれ、お知らせありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。